北海道支笏湖周辺の自然

支笏湖の写真

四季の湖

北海道支笏湖

水深363mの日本でも有数の深さを誇る支笏湖は、全国で2番目に大きいカルデラ湖です。 限りなく蒼く透き通る湖水、湖を取囲む1,000m級の山々、自然豊かなこの湖周辺は四季を通じて様々な表情が映し出されます。

拡大遅咲きの桜 春遅い北海道の中でも、湖水を渡る風の影響で桜の開花は、5月初旬~中旬頃になります。待たされた分、美しい桜の花を毎年咲かせてくれます。

遅咲きの桜

拡大爽やかな風 6月くらいより、湖水を渡る風がとても爽やかになります。短い夏ではありますが、国内でも「最高の空気の美しさ」を実感できます。

爽やかな風

拡大燃える紅 湖の影響で、朝夕の冷え込みが厳しくなる秋。その分、寒暖の差が大きくなり、都会にはない美しい紅葉を見ることができます。

燃える紅

拡大秋の可憐実 冷え込みの厳しい朝、晴れ間が出ていたので当館の周辺で「ななかまど」を撮影いたしました。青空に映える赤い可憐な実が印象的でした。

秋の可憐実

拡大冬の秀峰 湖を取り囲むようにそびえる、支笏湖秀峰の一つ「恵庭岳」です。冬は空気が澄み、山の稜線をはっきりと見ることができます。

冬の秀峰

拡大夕陽の秀峰 恵庭岳に沈む夕陽です。風がない日であれば、湖面が真っ赤に染まることもあります。

夕陽の秀峰

ご予約電話番号0123-25-2323

宿泊プラン一覧が別ウインドウで開きます

別ウインドウが開き予約プランページが表示されます。
各プランの「詳細を見る」をクリックすると料金カレンダーが表示されます。
ご希望日付をクリックして予約画面へ進んでください。

▲ ページTOPへ